読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖父に電話をした。脳の手術を終えて、一ヶ月が経った祖父は、「ありがとう、心配かけたなあ。」と何度も繰り返す。来週の火曜日から、試験的な抗がん剤治療がはじまる。ぴったりと合う抗がん剤が見つかるまで、再び、三週間の入院生活。祖父は優しい声で「その間は、ばあちゃんが毎日来てくれるけえのう。」と教えてくれる。前回入院していた時も、祖母は毎日病室まで足を運んでいた。「あのじいちゃんが、帰り際に、エレベーターの前まで送ってくれるんよ。」と少し嬉しそうな祖母の顔を思い出した。

広告を非表示にする